⑳住民参加型維持管理推進事業

【県からの募集内容】

公共土木施設(道路、河川、海岸、公園等)の維持管理について、参加団体の拡大に向けた方策や、より参加しやすい新たな方策を募集

【提案内容】

県が管理する道路、河川、海岸、公園において、地域住民の皆さんが参加・協力して実施いただいている公共土木施設の維持管理の取組を更に広げていくために、事業に携わっていただいている団体にこれまでの活動に対する感謝状を贈呈し、活動の継続をお願いします。

また、様々な団体に新たに参加いただけるよう、活動実績や住民参加の維持管理に関する制度等を幅広くPRするとともに各団体の取組状況等を共有することで団体間の有機的な連携を育むことにより、より多くの県民の皆さんに参加いただける事業をめざします。(事業額:880万円)

【期待される効果】

地域住民の皆さんが、日常生活に身近な道路、河川、海岸、公園として、その維持管理に積極的にご参加いただくことにより、多くの人々が適正に管理された公共土木施設を安全・安心にご利用いただける環境を享受し、「わが町の公共土木施設」として大切に思い、多くの人々の参加・協力により、より一層、住民参加による維持管理の取組が進むような県民風土が醸成されることを期待し、当事業の取組を進めていきます。

【取組内容】

住民参加の維持管理に一定期間参画頂いた団体に感謝状を授与する。

これまでの活動事例や住民参加に関する制度等を取りまとめたPR用資料、チラシ、ポスター、リーフレット等の配布物を作成し、説明会等を通じて継続的な参画をお願いする。更なる参画団体の確保のため、市町を中心に、学校関係者、企業等各種団体へのPR活動を実施する。

維持管理を担う団体や位置等をHP上に掲載するマップ等を作成し、各団体が維持管理の情報やノウハウを共有し、有機的なネットワークの形成を促進する。また、団体の作業意欲向上や他の道路管理者へのアピールのため、現地に維持管理実施団体名等を明示した看板を設置する。

●当事業の円滑な推進や新たな住民参加の維持管理等を検討するため、必要となる業務委託を行う。

県知事へのプレゼン動画

提案者のメッセージ

行政と住民の連携がますます重要になるこれからの時代において、公共土木施設の維持管理についても住民の参加がより重要になると考えたので、今回提案させていただきました。

事業の内容の要旨としましては、一定期間住民参加の維持管理に参加いただいた団体に感謝状を贈呈する、活動実績や住民参加の維持管理に関する制度などをPRするとともに各団体の取り組み状況などを共有する、といったことを通して公共土木施設維持管理への活動意欲を高めたり、団体間の連携を育むなどというものになります。そして、その先に多くの人々が適正に管理された公共土木施設を安全・安心に利用することができるようになったり、より一層住民参加による公共土木施設維持管理の取り組みが進むような県民風土が醸成されることも期待しています。

公共土木施設の維持管理というのは、県の事業の中でもなかなか住民参加というイメージがわきにくい分野だと思います。この事業を通して住民参加がより進んでいくことを期待しています

応援よろしくお願い致します。

SDGs or Mie’s Goal ?

目標11「 住み続けられるまちづくりを」に当てはまると思いました。

※ SDGs or Mie’s Goal? についての説明はこちら