⑩みえの宝!子ども見守り活動応援プロジェクト

【県からの募集内容】

子どもたちの見守り活動を、より機能的・効果的に実施することができるよう、地域防犯ボランティア団体の車両の機能強化を図るための方策を募集

【提案内容】

近年、通学路等において子どもが殺傷される事案等が全国的に発生しており、県民は著しい不安を感じています。

こうした子どもの被害は、登下校時に集中する傾向にあり、同時間帯における子どもの安全を確保するため、青色回転灯装備車両で子どもの見守り活動等に従事する防犯ボランティア団体に対し、ドライブレコーダー等を貸与します。

(事業費:740万円)

【期待される効果】

防犯ボランティア団体が保有する青色回転灯装備車両にドライブレコーダー及びマグネットを貸与することで、より顕示効果の高いパトロールと連れ去り事案等発生の情報収集に資するほか、同活動に従事するボランティアの安全運転意識と有事の際の記録映像の確認による安心感を醸成することができます。

【取組内容】

県内において、青色回転灯装備車両で子どもの見守り活動等に従事する防犯ボランティア団体(自治体・ドライブレコーダー装着車両は除く)に対し、前後2カメラのドライブレコーダー「ドライブレコーダー録画中」と書かれたマグネットシート等を貸与します。

県知事へのプレゼン動画

提案者 西保則さん(大台町)のメッセージ

私は、地元の大台町で地域の子どもたちに和太鼓を教えています。

メンバーは、小学1年生から中学2年生までの17名で、毎週金曜日の夜に練習を行っていますが、仕事や家庭でのストレスを抱えている時でも、子どもたちの笑顔を見ていると、本当に可愛らしく癒されます。

子どもたちと練習をしている中で、最近、一つ嬉しいことがありました。今までこちらから話しかけてもあまり口をきいてくれなかった低学年の子どもたちが、休憩時間に鬼ごっこに誘ってくれるようになったことです。あいにく、こちらは体力が落ちているので、一緒になって走り回ることはできませんが、向こうから誘ってくれ、鬼ごっこのルールを一生懸命説明してくれる姿を見ると、本当に可愛らしく、こんな子どもたちが、不幸な犯罪に巻き込まれることがないよう、学校やPTA、行政だけでなく地域社会全体で見守り活動を強化する必要があると思い、今回の提案をさせていただきました。

子ども達は、地域の、そして「みえの宝」です!

この見守り活動が、県下全域に広がり、「子ども達がニコニコ笑って暮らせる!」そんな三重県になって欲しいと思っています。

「みえの宝!子ども見守り活動応援プロジェクト」をどうぞよろしくお願いします。

SDGs or Mie’s Goal ?

目標16「平和と公正をすべての人に」に当てはまると思いました。

※ SDGs or Mie’s Goal? についての説明はこちら