⑭映画で知ろう「みえで活躍する外国人住民」

【県からの募集内容】

日本人住民と外国人住民の相互理解の促進のために効果的な取組を募集

【提案内容】

県内の様々な分野で活躍している外国人住民を紹介するドキュメンタリー映画を制作し、多文化共生に関するシンポジウムで発表するとともに、市町や教育機関等で上映して、多文化共生への理解促進を図ります。(事業費:980万円)

【期待される効果】

子どもたちにも分かりやすい映像を通して、県内で活躍する外国人住民の存在を知ることで、「多文化共生」を考えるきっかけとなります。

【取組内容】

●「多文化共生映像づくり」ワークショップ

日本人と外国につながる学生・社会人が共に参加するワークショップにおいて意見を交わし、映画の企画案を作成します。

●映画制作

企画案に基づき、ワークショップ参加者が中心となってドキュメンタリー映画を制作します。

●シンポジウムと上映会

制作に関わった参加者も出演するシンポジウムを開催し、県民対象の上映会を行います。その後は、市町や県内小中高等学校等で上映会を開催したり、SNS(YouTubeなど)を活用し作品を発信します。

県知事へのプレゼン動画

提案者 山根一枝さん(津市)のメッセージ

こんにちは、山根一枝と申します。

これまで地域に在住する外国人の皆さんとの交流に取り組んできました。

私も、もう20年以上三重県で毎日、毎晩、一生懸命働いて税金も払いながら子育てもして懸命に生きております!そして、多くの外国人の方も、一緒で、様々な分野で一生懸命活躍しています!そこで、活躍する外国人の方にスポットライトを当てた「映画」を作りたいと考えました!

今回、初めて「みんつく予算」総選挙に投票呼びかけを頂き、戸惑っております!私たちのことを気にかけてもらっていることに三重県民として、嬉しい自覚が芽生えて、ますます三重が大好きになりました。

声かけあってみんな投票呼びかけに協力して、新しい三重の未来を切り開けるように盛り上げましょう!

SDGs or Mie’s Goal ?

目標11「 住み続けられるまちづくりを」に当てはまると思いました。

※ SDGs or Mie’s Goal? についての説明はこちら